最強のネット収入 月収150万円!
目標は、月収150万円! インターネットをつかって、お金を稼ぐための情報を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドセンスで稼ぐ

■ アドセンスってなんだ!

Google AdSense(アドセンス)とは、Google(グーグル)が行っている「クリック課金」タイプの広告です。
クリック課金とは、訪問者が広告をクリックした回数に応じて報酬が支払われる仕組みのことで、単に広告を見てもらうだけでは報酬はもらえません。

「アドセンス」の特徴は、WEBページのコンテンツに関連する広告を自動的に表示してくれるトコロです。

サイトの管理者にとっては、アフィリエイトプログラムのように自分で広告を探しだす手間がいりませんし、導入も簡単でWEBサイトの好きな箇所に広告コードを貼り付けるだけで、メンテナンスもほとんど必要ありません。

また、チャネル機能を使えば、コンテンツごとに収入を分析できるので、さらにコンテンツの作りこみに集中できるというメリットもあります。
チャネル機能については、「稼ぐためのテクニック パート1」を参考にしてください。

以前のインターネットの広告といえば、広告を見てもらって収入を得るバーナー広告が主流でした。
その派手なデザインでサイトの雰囲気を壊し、さらに、サイトのコンテンツとかけ離れた内容でイメージダウンを招いていました。

もちろん、バーナー広告を上手に利用しているサイトも多くありましたが、上手く利用できずにいるサイトはそれ以上に多かったように思います。

その理由を一言で言えば、「訪問者が求めている広告ではなく、自分が貼りたい広告を貼っていたから」といえるでしょう。

自分が貼りたい広告とは、育児の情報サイトで不動産の広告を貼っているような状態です。
収入だけに目を向けて広告を貼っていると、訪問者に嫌悪感を与えます。

こんな状況ですから、広告を出している企業からも不満がでました。
せっかく、お金を出して広告をうっても、契約に結びつく確率が低かったからです。

当然、時代の流れとして、成果が期待できる方向に向いまいした。

現在は、アフィリエイトのように「成果報酬のシステムを取り入れたスタイル」と、アドセンスのように「コンテンツとの関連付けを充実させたスタイル」が主流になってきました。

結果的に、サイトの訪問者にも恩恵が与えられます。

せっかく訪問したサイトでお目当ての情報をつかめなくても、関連する情報を持ったサイトの広告が貼られているのですから、そこから更に情報を追っかけていくこともできますし、同じ情報でも切り口の違うサイトとも出会えるからです。。

サイトの訪問者にとっては、同じ広告ならコンテンツに関連した広告の方が参考になりますし、アドセンスならサイトのデザインにあわせるのが簡単ですから、デザイン的にも違和感がありません。

もちろん、WEBサイトのコンテンツによっては向き不向きがあるでしょうし(画像をメインにしているサイトには不向きでしょう)、「自分のサイトには自分で選んだ広告を貼りたい」というこだわりがある人にとっては必要がないサービスかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://saikyou.blog2.fc2.com/tb.php/3-0ecd84bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。