最強のネット収入 月収150万円!
目標は、月収150万円! インターネットをつかって、お金を稼ぐための情報を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備するもの

最低限、必要なものはパソコンです。
無理をして、新しいパソコンに買い換えるなんて必要はありません。

メール受信やネット懸賞などなら、中古のパソコンでも立派に役に立ちます。
とりあえず、ブラウザやメールが使えれば十分です。

それでも、新しいパソコンではじめたいというのなら、 ツクモネットショップ のような激安パソコンショップのパソコンで十分です。

もちろん、インターネット接続できる環境も必要です。
「ブロードバンド」も普及してきたので、ADSLやFTTH(光ファイバー)などを利用している人も多いと思いますが、やはり24時間つなぎっぱなしの定額制が便利です。

また、アフィリエイトやネットショップに挑戦するのなら、WEBサイトが必要です。
初めてWEBサイトに挑戦する人には、無料のブログがお勧めです。

ブログなら、ホームページ作成ソフトがなくても簡単にできてしまいますし、ホームページにはないさまざまな機能が用意されています。

ただ、注意しないといけないのは商用利用を禁止しているブログサービスがあることです。

私の経験では、シーサーヤプログそしてFC2などが使いやすかったです。

無料ブログ比較という無料ブログを比較したサイトもありますので参考にしてみてください。

最初から、ホームページ作成ソフトを用意する必要もないと思いますが、「時間の節約」や「凝ったデザイン」をしたくなったら手に入れましょう。

ネットショップで大量の商品を扱う場合は、この手のソフトがないとやっていけないので、ネットショップ志向の人は、最初から揃えておくのもいいでしょう。

ちなみに、ホームページ作成ソフトにはプロ向けのDreamweaver MX 2004 Commercial がありますが値段も本格的です。
一般的には、ホームページビルダーで十分でしょう。

また、アフィリエイトなどでは審査を通りやすくするために、レンタルサーバーなども考える必要があります。

レンタルサーバーを利用しているなら、WEBサイトの運営能力もあると認められて審査が通りやすくなるからです。

ただ、扱う商品によってはあえてレンタルサーバーを利用しなくてもいいかなと思うものも多いので、一概にはいえません。

また、ネット銀行に口座を開設しておくことも定石です。
ネット銀行とは、インターネットでのみ営業している銀行です。
イーバンク銀行 などが有名です。

ネット収入を得るために、さまざまなサービスを利用しますが、それらのサービスでネット収入を振り込んくるときに、振込み先としてネット銀行を指定しているケースが多いです。

振込み手数料も一般の銀行よりも安いので、口座を開いておいて損はないと思います。

最初から必要なモノ パソコン、インターネット接続、ネット銀行の口座
アフィリエイトやネットショップ ホームページ作成ソフト
レンタルサーバーとの契約もケースバイケース
スポンサーサイト
アフィリエイトの第一歩!
アフィリエイトをやるのなら、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録するのが近道です。

自分のWEBサイトにマッチした広告を、効率よく探すためにはASPはかかせません。 はじめての人は、有名どころのASPには登録をしたほうがいいでしょう。

私もアフィリエイトを始めるときは、片っ端から登録をしました。
登録自体は簡単だったのですが、慣れるまでが一苦労だったコトがあります。
それは、「使われている用語がASPごとで違うということ」です。

私は、たったひとつの言葉を知らなかっただけで、1時間もひとつのサイトを行ったりきたりしたことがあるのです。 (T_T)涙

このサイトでは、広告を貼って収入を得ようとするサイトのことを、「アフィリエイトサイト」、また、広告を出している企業を「ECサイト」と呼んでいますが、別の言い方をするサイトもあります。

その辺を、簡単な表にしておきます。

このサイトでの言い方 別の言い方
アフィリエイトサイト
(広告を貼るサイト)
パートナー、販売員、アフィリエイトパートナー
FCオーナー、AS会員
ECサイト
(広告を出す企業)
広告主会員、マーチャント、卸会員

ただ、言い方が違っても仕組みは同じですから安心です。
私の場合は、仕組みが理解できてくると、言葉の違いもあまり気にならなくなりました。

下にASPの一覧表を載せました。
ASPとはちがうサービスもいれてありますが、アフィリエイト感覚で取り組めるサービスです。

サイト名 審 査 コ メ ン ト
A8.net な し 初心者にやさしく、使いやすいです。
電脳卸 な し 商品リンクが中心です。
1億人.com 易しい 3段階報酬制を、取り入れています。
バリューコマース 普 通 管理画面で広告の入れ替えが可能です。
リンクシェア 普 通 テンプレートの配布をしています。
鉄人アフィリエイト な し サービスを開始したばかりです。
JANet 易しい 還元率が高い。
アクセストレード 易しい IT関連に強いアフィリエイトです。
BannerBridge な し 2段階報酬制を、取り入れています。
楽天市場 な し ホームページなしではじめられます。
アマゾン 普 通 書籍以外にも、ラインアップ豊富です。
アドセンス 普 通 内容にあった広告を自動で表示します。

アンケートで稼ぐためのサイト紹介
アンケートに答えることでポイントを獲得します。
「メール受信」よりも単価が高く、ポイントがまとまりやすいのが魅力です。

簡単なアンケートがほとんどですが、「自分の不得意なジャンルは答えにくい」というのが実感です。
不得意なジャンルだと時間もかかるし、ストレスにもなります。
かえって、得意分野だけを回答していると楽しいですし、日常での新しい発見をアンケートに盛り込ませたりもできます。

アンケートには、ポイントの低い予備調査とポイントの高い本調査があります。
本調査のなかでも本格的なものになると(不定期ですが)、かなりまとまったポイントをもらえる場合があります。

ポイントが低いアンケートでも面倒がらずにコツコツ回答していると、本調査のアンケート(ポイントが高い)が送られてきます。

アンケートの回答は、何を書いても自由ですが、「ウソ」は禁物です
ポイント目当でいい加減な回答を送っていると、チェックされてアンケートが来なくなります。ひどい場合は、登録の抹消を受ける羽目にも…

アンケートで稼ぐコツは、「自分の得意分野に絞ってコツコツと答える」ということです。

1P 紹介 交換 メモ
iMiネット 10円 10P 現金、商品 世界初のサイト
プライズ・プライズ 1円 2段階 現金 メールでも稼げる
ECナビ 1円 なし 現金 稼ぎ方は多種類
メールで稼ぐためのサイト紹介
広告メールを受信して、ポイントを獲得します。
ポイントを貯めることによって、現金を手に入れたり、お気に入りの商品と交換したりできます。

メールを受信するだけでポイントを獲得できるケースもあれば、メール内のURLをクリックして
スポンサーサイトを訪れることでポイント獲得になるケースもあります。

なかには、スポンサーサイトを訪れてなおかつ30秒間経過しないとポイントにならない場合もあります。

基本的に、1ポイント1円が相場ですが、1円相当の場合や0.1円の場合などいろいろです。

稼ぐコツは、気長にコツコツ続けるスタイルをもつことでしょうか。
メール受信で稼ぐには、受信するメールの数が必要です。
登録数を増やしたり関心のあるジャンルを増やしたりして、受信できる広告メールの数を増やしましょう。

また、メール受信に慣れてきたら、友人を紹介したり資料請求などをしてみましょう。
友人紹介で200ポイントだとか、資料請求で300ポイントだとか一度にまとまったポイントを獲得することができます。


フルーツメール
メール受信:1~5P  入会:100P  紹介:300P  2300Pから現金・商品
会員登録しておくと、なんと毎月1000万円 (!) が当たるチャンスがあります。

ポイントメール
メール受信:1~10P  入会:50P  紹介:200P  2000Pから商品
現金化したい場合は、GポイントかNetMileを利用しますが、商品の方がお得です。

オプトクラブ
メール受信:10P  入会:--  紹介:100P  1000Pから現金
メールの受信をするだけで、ポイントを獲得できるのが魅力です。

だぶるくりっく
メール受信:1~5P  入会:500P  紹介:300P  10000Pから現金
「だぶるくりっく」の10Pは、他のサービスの1Pなので気をつけましょう。

プライズ・プライズ
メール:1~10P アンケート:100~1000P
紹介:2段10%~5% 500Pから現金
メール受信でもアンケートでも稼ぐことができる仕組みです。

 P:ポイント  メール受信:1通のメールから獲得できるポイント数
 入会:新規登録でもらえるポイント  紹介:友人を紹介してもらえるポイント

ネット収入って、どんなタイプがあるの?
インタネットで稼ぐというと、「ラクして儲かる」というイメージがありますが実際はどうでしょうか。

「ネット収入には、どんな種類があるのか」
「インターネットを利用するメリットとデメリットはなにか」
「儲けている人は、どうやって儲けているか」

など、いろいろな疑問に答えていきたいと思います。

まずは、ネット収入について大雑把に紹介すると、下のようになります。

分類 内容
メール受信 広告メールを受信するだけ。とても簡単です。
資料請求などをするとイッキにポイントが増えます。
アンケート アンケートに答えて、ポイントを貯めます。
メール受信より手がかかりますが、稼ぎやすいです。
ネット懸賞 インターネットで懸賞に応募します。
驚くような豪華商品が簡単に応募できます。
疑問に答える 質問疑問に教えてポイントを貯めます。
人に教えるのが好きな人には、やめられません。
オークション いらなくなったものを売って稼ぎます。
地球にやさしい方法です。
アフィリエイト WEBサイトに貼った広告経由で契約が決れば、
その紹介料がもらえます。
メールマガジン メールマガジンを発行して、広告料や情報量を稼ぎます。
雑誌の編集者気分を味わえます。
ネットショップ WEBサイトがお店です。
運営は大変ですが、やりがいはあります。
オンライントレード インターネットを利用した株の取引です。
ネットを利用すれば、コストを抑えて簡単にできます。

「こんなにあるの」と驚く声が聞こえそうです。
私も、分類してみて驚きました。

でも、私が実際にやってきたのは、誰でもできるメール受信や今話題のアフィリエイト、あるいはメルマガなどです。
他のものにはあまり関心がなかったので、特に取り組んだりはしなかったのです。

でも、ちょっと調べてみるとやりやすい環境が整えられているという印象です。

ついでに、難易度による分類も紹介しておきます。
あまりにも、大雑把な分類なのでかえってわかりにくいかもしれませんが、参考にしてください。

難易度 種類
誰でもできる メール受信、アンケート、ネット懸賞
ちょっと頑張る オークション、アフィリエイト、メールマガジン
スキルが必要 疑問に答える、ネットショップ、オンライントレード

基本的には、簡単なモノから取り組んでみることをお勧めしますが、自分のフィーリングにあうものを優先した方がいいでしょう。

最初は、誰でもできる簡単の方法や私が関心をもって取り組んできたことなどから紹介したいと思います。
アドセンスで稼ぐテクニック 2
■ 稼ぐためのテクニック パート2

また、チャネル機能を利用してWebページの傾向がわかってきたら、さらなるステップアップです。

例えば、クリック単価が高いキーワードを推理して、そのキーワード関連のページを作成してみるのもいいでしょう。

「クリック単価」とは1クリックあたりの報酬額をいいますが、Googleでは、このクリック単価を公表していません。

詳しいことはまた今度書きますが、「Aというキーワードは、Bというキーワードの2倍の単価」ということもあるのです。

やり過ぎは逆効果ですが、「WEBページのテキスト」と「そこに表示されている広告」と「実際の報酬」とを見比べて検討してみるのも楽しいものです。

また、クリック率からコンテンツと広告の相性を探ることもいいでしょう。
「クリック率」とは、表示回数に対するクリック数の割合です。

コンテンツと広告内容がマッチするとクリック率が高くなります。

クリック率が高いページならば、広告に関心をもたせる力をコンテンツ自体がもっているといえるでしょうし、逆にクリック率の低いページなら、そのコンテンツには広告に向かわせる力がないと考えられます。

一概に、コンテンツの良し悪しでクリック率が変化するわけではありませんが、クリック率をもとにいろいろな可能性を考えることができそうです。

ステップアップのコツは、自分の知恵を出していろいろと工夫をしてみることです。
サイトの種類によっても結果は違ってきますが、基本的にコンテンツが充実していれば、収入につながりやすいでしょう。

アドセンスは簡単にできますが、簡単にできる分だけコンテンツに目を向けて、繰り返しステップアップしていきましょう。

アドセンスで稼ぐテクニック 1
■ 稼ぐためのテクニック パート1

アドセンスはアフィリエイトよりも稼ぎやすいという人もいますが、そのサイトのコンテンツ次第だと思います。

とりあえず、導入して様子を見ながら少しづつ工夫してみることをお勧めしますが、基本的なテクニックをいくつか紹介したいと思います。

まずは、「WEBサイトの構造を、1ページにつき1テーマに絞ること」です。
前述しましたが、アドセンスはWEBページのコンテンツに関連する広告を検索技術を使って自動的に表示します。

ここで気をつけたいのは、「WEBサイト」ではなくて「WEBページ」ということです。
つまり、サイト全体の中から検索するためのキーワードをピックアップしているのではなく、広告コードが貼られているページ、1ページだけから検索しているということです。

それなら、1ページのなかでいくつものテーマを取り扱うよりも、最初から1つのテーマに絞ったほうが、クリック率の高い広告が表示されるということになります。

次に、「アドセンスのチャネル機能を活用すること」です。
チャネル機能とは、広告ごとの効果を知るのに便利な機能です。

チャネル機能を使えば、それぞれの広告の成果がわかります。
例えば、ページの表示回数やクリック率などの分析結果を知ることができます。

また、複数のサイトごとの収入の比較なども簡単にできますし、広告の種類ごとデザインごとでも統計情報を知ることができます。
さらに、設定の仕方によっては、サイト全体、カテゴリーごと、各ページごとなどさまざまな切り口で集計結果を知ることができます。

サイトの状況を知ることが稼ぐための第一歩です。

さらに、ボランティア広告の対策として「代替広告」を設定しておきましょう。

アドセンスではWEBページにあった広告がない場合には、報酬が発生しないボランティア広告(英語)が表示されます。

いくら、ボランティア広告がクリックされても報酬につながらないですし、コンテンツと関係がない広告ではサイトのイメージもダウンしてしまいます。

そこで、代替広告を設定しておくと、ボランティア広告の代わりに代替広告が表示されるようになります。

代替広告サービスを提供しているサイトは、「Amagle(あまぐる)」「AdChange(アドチェンジ)」などです。

Amagle(あまぐる)の代替広告は、Amazon.co.jp(アマゾン)の広告だけですが、登録をする必要もなく簡単につくれます。
トップページの下にあるAltADsをクリックして解説のページに行ってください。

AdChange(アドチェンジ)は、代替広告を自分で指定したい場合に利用できます。
アフィリエイト広告を表示させたり、お気に入りのリンク先を表示させるなどいろいろな使い道があるでしょう。

アドセンスで稼ぐ

■ アドセンスってなんだ!

Google AdSense(アドセンス)とは、Google(グーグル)が行っている「クリック課金」タイプの広告です。
クリック課金とは、訪問者が広告をクリックした回数に応じて報酬が支払われる仕組みのことで、単に広告を見てもらうだけでは報酬はもらえません。

「アドセンス」の特徴は、WEBページのコンテンツに関連する広告を自動的に表示してくれるトコロです。

サイトの管理者にとっては、アフィリエイトプログラムのように自分で広告を探しだす手間がいりませんし、導入も簡単でWEBサイトの好きな箇所に広告コードを貼り付けるだけで、メンテナンスもほとんど必要ありません。

また、チャネル機能を使えば、コンテンツごとに収入を分析できるので、さらにコンテンツの作りこみに集中できるというメリットもあります。
チャネル機能については、「稼ぐためのテクニック パート1」を参考にしてください。

以前のインターネットの広告といえば、広告を見てもらって収入を得るバーナー広告が主流でした。
その派手なデザインでサイトの雰囲気を壊し、さらに、サイトのコンテンツとかけ離れた内容でイメージダウンを招いていました。

もちろん、バーナー広告を上手に利用しているサイトも多くありましたが、上手く利用できずにいるサイトはそれ以上に多かったように思います。

その理由を一言で言えば、「訪問者が求めている広告ではなく、自分が貼りたい広告を貼っていたから」といえるでしょう。

自分が貼りたい広告とは、育児の情報サイトで不動産の広告を貼っているような状態です。
収入だけに目を向けて広告を貼っていると、訪問者に嫌悪感を与えます。

こんな状況ですから、広告を出している企業からも不満がでました。
せっかく、お金を出して広告をうっても、契約に結びつく確率が低かったからです。

当然、時代の流れとして、成果が期待できる方向に向いまいした。

現在は、アフィリエイトのように「成果報酬のシステムを取り入れたスタイル」と、アドセンスのように「コンテンツとの関連付けを充実させたスタイル」が主流になってきました。

結果的に、サイトの訪問者にも恩恵が与えられます。

せっかく訪問したサイトでお目当ての情報をつかめなくても、関連する情報を持ったサイトの広告が貼られているのですから、そこから更に情報を追っかけていくこともできますし、同じ情報でも切り口の違うサイトとも出会えるからです。。

サイトの訪問者にとっては、同じ広告ならコンテンツに関連した広告の方が参考になりますし、アドセンスならサイトのデザインにあわせるのが簡単ですから、デザイン的にも違和感がありません。

もちろん、WEBサイトのコンテンツによっては向き不向きがあるでしょうし(画像をメインにしているサイトには不向きでしょう)、「自分のサイトには自分で選んだ広告を貼りたい」というこだわりがある人にとっては必要がないサービスかもしれません。

はじめての方へ
■ このサイトの利用法

このサイトでは、「インターネットを利用し、お金を稼ぐ方法」を紹介していきます。

私(カリ)個人が集めた情報を紹介していますが、できるだけ多くの情報を紹介したいと思っています。

このサイトの利用法は、ズバリ「どんどん活用してみること」です。
どんどんやってみることで、理解できると思いますし、新しい発見もできると思います。

ネット収入については、いろいろな種類があり情報量も多いので、全部理解してから取り組もうと思ってもなかなか上手くいきません。
ですが、片っ端から取り組んでいくうちに、知識ややり方などが自分のものになるような気がします。

よく、会社の同僚からパソコンの操作法やエラーの対処法などを聞かれます。
専門的な知識などないので説明も上手くできませんが、「こうゆう場合は、こうすればいいかも」といった調子で答えています。

自分は頭ではなく体で覚えるタイプだからと誤魔化しながら、説明というよりは独り言にに近い状態で、「これをこうすると、こうなってこうなるんだよ」とやって見せます。

当然、私の説明を理解できる人はあまりいないのですが、問題が解決するので納得してくれているみたいです。
時々、これでいいのか不安にはなりますが…  (-_-;)

とにかく、いろいろやっていくうちに「自分なりのスタイル」ができあがるものです。
自分のスタイルができればしめたものです。
後は、そのスタイルを発展させていけばいいのです。

せっかくなので、私のスタイルを紹介すると(別に知りたくないでしょうが、書かせてください)、それは「シンプル イズ ベスト」です。

昔から言われていることですから、あえて自分のスタイルとして強調する必要もないのですが、シンプルにすることは本当にいいことだと思います。

先ほど紹介したように、「やれば、できるようになる」というのも自分なりのシンプルな考えだと思います。

「さっきのって、わからなくても誤魔化して教えている話じゃなかったのか」と言われそうですが、一応「やれば、できるようになる」という話です。

もちろん、十人十色といわれるように、人によってシンプルの種類が違います。
しかし、シンプルのメリットは共通するのではないかと思っています。

シンプルな状態とは、「さらに一歩踏み込めて、さまざまな応用もできる状態」といえるのではないかと思います。

ということで、このサイトではなるべく「シンプルさ」にも気を使いながら情報を紹介していきたいと思います。


■ 免責事項
このサイトで紹介した情報のご利用は自己責任にてお願いします。
万が一、このサイトで紹介した情報を利用して損害が発生しても当サイトにおいては責任を負いかねます。
サイトマップです
どんどん進化しているインターネット。

ブログのすごさをいろなトコロで実感しています。
簡単にホームページができるだけではなく、TG(トラックバック)やコメント、さらにはRSSなどの機能にも重宝しています。

しかし、気になるのがカテゴリーにサブカテゴリーを追加できない点やトップページを固定できない点です。
もちろん、少し工夫をすればできることかもしれませんが、その少しの努力が嫌いでブログをやりはじめたのですから、勘弁してほしいトコロなんです。

これって、私だけが不便に思っていることでしょうか?
ブログの使い方も従来のブログの使い方からホームページ的な使い方にしてみたいと思っている人も少なからずいるのではと思います。

できることならアウトラインソフトのように、カテゴリーをいくらでも増やせてサイト全体のイメージが簡単につかめるようにできればいいなと思っています。

ということで、このページはサイトマップのページです。
更新の度に、こちらのページにも記録していきます。


はじめての方へ
    このサイトの利用法   
    自己紹介です      
    サイトマップ

基礎知識
    ネット収入の分類です

メール受信で稼ぐ
    メールで稼ぐためのサイト紹介

アンケートで稼ぐ
    アンケートで稼ぐためのサイト紹介
WEBサイトで稼ぐ
    アフィリエイトで稼ぐ
       アフィリエイトの第一歩
    アドセンスで稼ぐ
        アドセンスってなんだ!
    アドセンスで稼ぐテクニック
        稼ぐためのテクニック パート1     
        稼ぐためのテクニック パート2  

稼げるサービス
    稼げるサービス 一覧
自己紹介です
■ 自己紹介
こんなページまで訪問していただいて恐縮です。m(__)m
ネット収入に対する個人的な取り組みを書きました。
よかったら、読んでみてください。

はじめまして、管理人の「カリ」です。
田舎暮らしの中年のオヤジです。

インターネットを利用してお金を稼ごうと思い立ったのは、7年くらい前のことです。
ある雑誌を読んでいて、メルマガ(メールマガジン)で生活費を稼いでいる人がいることを知ったのがきっかけでした。

「おっ!すごいな」という感じでした。

ちょうどその雑誌を読んだ後に、NHKでもその人のドキュメントをやっていたので、なおさら関心をもちました。

すぐに、個人的な趣味のメルマガと日記系のメルマガを発行してみました。
試しにやってみただけなのですが、反響の大きさにビックリです。
発行したその日に、感想のメールが届いたのには驚きました。

構想を固めてから発行したわけではなかったので、いただいたメールから刺激を受けながら続けさせていただいたという感じでした。

時には、専門家からの励ましのメールに、うれしいというよりも恐縮してしまったこともありました。

そのうち、家の事情でメルマガどころではなくなってしまったのですが、自分にとってはインターネットのよい面を勉強させてもらった時期でした。

次に、インターネットで稼ごうと思ったのは、やはり雑誌の記事を読んだことがきっかけでした。

その雑誌を読んだのは、家の方も落ち着いてきて、ちょっとだけ時間がとれるようになった頃です。

その雑誌には、アフィリエイトプログラムを紹介する記事が載っていたのです。
アフィリエイトで、初心者でも簡単にネットショップのようなことができるということでした。

さっそく、物販系のサイトを立ち上げたのですが、私はわりとデザインに凝るのでデザインを決めるだけで体力を使い果たす毎日でした。

それまでは、ホームページ作成にメモ帳を使ったり、フリーのソフトを使ったりしていたのですが、あまりにも時間がかかりすぎていると思いました。

家電メーカーのポイントが1万円分くらい貯まっていることに気が付いて、ホームページビルダー(ホームページ作成ソフト)と交換しました。

ホームページビルダーを使い始めてからは、だいぶデザインに凝る時間は減ったのですが、それでもかなりの時間をデザインに投入しました。

こだわり過ぎて時間ばかりがすぎていくということが多かったです。

また、3つほどのサイトを立ち上げてから気が付いたことは、自分は物販系に向いていないということでした。

最初は情熱をもってやっているのですが、慣れてくるとその情熱が消えていくのです。

この辺の感覚は、メルマガの経験のお陰です。
本当に好きなことは、やればやるほど、もっとやりたくなるものです。
インターネットほど、自分の気持ちが反映するものはないなと考えさせられました。

結局その時にやっていたサイトは閉鎖しましたが、これもいい経験になりました。
向き不向きもインターネットなら簡単につかめることを実感できたのです。


現在は、自分の趣味をいかした分野でいくつかのブログを立ち上げています。

ブログのいいところは、簡単に「見栄えのいいWEBサイトがつくれる」ということと「検索結果が上位に表示されやすい」という点でしょう。

ブログにしてからも、私の悪い癖は頻繁に発症しまして、CSS(スタイルシート)を使ってテンプレートのデザインをいじりまくっては時間を浪費していたのです。

一般的には、コンテンツの充実に集中するためにブログを選ぶのですが、ブログのデザインをかまい過ぎてコンテンツに目を向けることができないという不思議な状況が私の場合にはよく起こったのです。

今は、デザインをかまわないという誓いを立てて、ブログに取り組んでいるところです。

ちなみに、ブログは検索エンジンと相性がいいといわれていますが、そのことを私も経験しています。

なんと、Googleで1位をキープし続けているブログがあるのです。
ちょっとした趣味のサイトなのですが、ブログでなければきっと検索結果にすら表示されないだろうと思います。

そんななかで、このサイトは自分がインターネットで収入を手にするために調査した結果を発表する場として立ち上げてみました。

まだまだ、勉強中ですが参考にしていただければ幸いです。

最後まで、読んでくださって本当に恐縮です。m(__)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。